Posted in 2014年10月8日 12:00 AM ()

こどもでも受けられる安心できる歯医者さん

岡崎・安城・刈谷のインプラントなら「おかだ歯科・こども歯科」お口の中の虫歯菌というものは消してしまうことは不可能とされています。その事もあり、一度虫歯になってしまうと、何度も再発をしてしまったり、別の歯が虫歯になってしまうという事がよくあります。特にこどもの歯である乳歯は虫歯菌に対して非常にもろく、乳歯の虫歯が永久歯にうつってしまうという事があります。そうならないためにも、歯磨きの習慣は小さな頃から身につけておくべき重大な事なのです。

しかし、もうすでに重度の虫歯になってしまい、永久歯を失ってしまったというお子様もいるかと思います。こどもにとっては、美味しくものを食べて感動するのも教育ですので、歯を失って不便な状態が続くのはあまりよくありません。歯医者さんでは、最新治療でインプラントというものが行われています。これは非常に高性能な人口の歯を永久歯の代わりにする治療で、今まで使ってきた歯と同じ感覚で使えます。インプラントでこどもの食育を進めて欲しいと思います。

こどもにインプラント治療をするのであれば、しっかり設備の揃っている信頼できる歯医者にまかせたいです。岡崎・刈谷周辺での歯医者さんでしたら、こちらの医院が非常に良い雰囲気でこどもでも通院しやすいかと思います。
岡崎の歯医者では一押しです

Posted in 2014年5月29日 12:00 AM ()

子供への最後のメッセージとは?

電車などでの移動の時間って、何をしていますか?

電車での移動って車と違ってずっと座りっぱなしなので、手持無沙汰というか、何をしていいか中々決まらないですよね。
私は今まで特に何もしていなかった方なのですが、最近は電子書籍を読むのにはまっています。

出版社勤務の友人に最近の売れ筋小説などを聞いたりしながら、文芸・小説 | 人気の電子書籍ならゴマブックス で面白そうな小説を探してみては、読んでいます。

先日はこんな本を読んだのですが、かなり心にズシッときましたね。

「この子を残して」

なんだか、タイトルだけでもちょっとどんな内容の話なのか想像がつくかと思いますが、終戦間際の長崎でのお話で、原爆の後遺症で余命宣告された著者には2人の幼い子供があり・・・といったちょっと悲しいお話です。
思わず移動の電車内で泣きそうになってしまいましたが、これは子供のいる方なんかだと、かなりの確率で泣いてしまうのではないかと思います。
この著者の場合には、奥様も原爆で亡くなってしまっているので、本当に自分が死ねば子供だけが残されてしまう状況・・・。
そんな状況は自分が置かれてみなければ決して想像がつかないと思います。
でも自分なら、残された時間を子供とどう過ごすのか・・・そんなことを想像しながら読んでみると、今の自分の生活をより大切にできるかもしれないですね。

Posted in 2014年5月22日 12:00 AM ()

産後太りを何とかしたい!!

女性は、妊娠を切っ掛けに太ることが多いようです。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんを育てるために栄養を摂取しなければならないので致し方ないのですが、問題は「産後太り」です。

出産後も、妊娠前の体型や体重に戻らず、太ったままでいる産後太り・・・これはどうにかしなければなりません。

出産後にダイエットを考える方は多いようですが、ここでまた問題が・・・それは、授乳期です。
人工ミルクの場合はちがいますが、産後の授乳を考えると、食べるものはキチンと食べることが必要ですから、当然、若い頃のような無理なダイエットは好ましくありません。

また、夜中に何度も授乳のために起こされることも度々、どうしても寝不足傾向になります。
つまり、子育てには相当の体力が必要で、安易な食事制限は考えない方がいいのです。

一方、産後太りの解消は、産後6ヶ月以内におこなわないと元に戻すことが困難だと言われています。

産後太りの要因は、筋肉量の低下、基礎代謝の低下、骨盤の広がりなどが考えられているようです。
これらの要因を効率よく解消していくためには、自己流の無理なダイエットを実行するのではなく、専門家のアドバイスを受けることが何よりの方法でしょう。http://www.ki-esthe.co.jp/support/sango-diet/

詳しいことは、■骨盤バランスケア体験プラン|キャンペーン|気エステティック イヴki-esthe.co.jp■が参考になります。

Posted in 2014年5月6日 12:00 AM ()

産後太りを解消する方法

妊娠・出産を経て誰もが悩むことといえば、ボディラインが崩れることだと思います。妊娠中だけでなく、実は産後も太りやすいのです。産後は母乳育児をすれば妊娠中に蓄積した脂肪をエネルギーに母乳をつくりますから痩せていく人もいますが、昼夜逆転するような育児疲れで食欲が増しすぎることもあります。ですが、キレイなママでいたいですよね。産後太りを解消する方法についていろいろご紹介していきましょう。

・運動する

やはり、ダイエットといえばこれです。とはいえ、乳幼児を抱えてスポーツジムに行くことはできません。そんなママの悩みを解消すべく、最近ではベビーダンスや親子ヨガのような、親子で、あるいはあかちゃんを抱っこ紐で抱えたままできるエクササイズが増えていますよ。

・エステに行く

ダイエットの定番、エステもおすすめです。母乳育児中であればダイエットフードやサプリメントを摂取するのは抵抗があるという方も、エステで脂肪を落としてもらうのであれば問題ありませんね。出産・育児を頑張っている自分へのご褒美としてエステに行くのも良いのではないでしょうか。

・整体に行く

妊娠・出産で広がってしまった骨盤をそのままにしておくと、体脂肪が減ってもボディラインはスリムになりません。妊娠前のスリムパンツをはくためには、整体などで骨盤を引き締めてもらうのが有効です。

様々な方法で、産後太りを解消してくださいね。